English

会社案内

田端機械工業株式会社は、創立以来一貫して自社独自技術を基本とした受注生産による多様なプラスチック樹脂関連の加工機械・装置の生産販売を業務としてまいりました。 一般的なプラスチック素材だけではなくPTFE(四フッ化エチレン樹脂)関連の機械・装置については国内ではトップクラスの技術と実績を持ち、外国への輸出も増えています。
近年では成形だけではなく、固着ポリマー洗浄除去装置など積極的に新規分野に進出しています 。
これからもさらに技術を向上し、ユーザーの皆様とともに歩んでいきたいと考えております。
名称
田端機械工業株式会社
TABATA Industrial Machinery Co., Ltd.
代表取締役
高濱 秀雄
資本金
10,000,000円
事業所
本社
114-0013 東京都北区東田端1-6-2
電話 03-3800-3411 FAX. 03-3800-3418

テクニカルセンター
121-0836 東京都足立区入谷3-15-15
電話 03-5837-3490 FAX. 03-5837-3466

沿革
1954年 田端機械工業株式会社 設立
1955年 フッ素樹脂(PTFE)電線用ペースト押出機製作納入
1973年 ガラスクロースコーティング(PTFE)装置 1号機納入
1977年 スクリュー式竪型射出成形機開発販売
1984年 2軸押出機開発販売
1989年 トランスファー成形機開発販売
1995年 PTFE樹脂ペースト式電動横型押出機開発販売
1997年 固着ポリマー洗浄除去装置 クリーンショット開発販売
1998年 油圧式卓上竪型射出成形機DV-8型発売
2000年 テクニカルセンター開設
2002年 PTFE樹脂ペースト式押出機海外販売開始
2002年 全電動式小型射出成形機 EPOCH SHOT 開発販売
2004年 薄肉被覆専用PTFE樹脂ペースト押出機開発販売
2005年 触媒燃焼式小型脱臭装置開発販売
2006年 医療用シャーレ滅菌減容装置開発販売
2008年 直圧式ブラスト装置の販売を開始
2008年 超小型立型ターンテーブル射出成形機の販売を開始
2008年 超小型立型スライド射出成形機の販売を開始
2008年 直接燃焼式小型排ガス処理装置の販売を開始